2018年2月16日金曜日

アアルトスプーン


徳島市にある自家焙煎珈琲豆の専門店、"アアルトコーヒー"(aalto coffee and the rooster)

その姉妹店である、"14g"(ワンフォージー)



今回様々なご縁が繋がり、14gオリジナルコーヒーメジャースプーン、「アアルトスプーン」が生まれました。






きっかけは、「コーヒーの絵本」(mille books刊)



アアルトコーヒーの焙煎人、庄野雄治さんの著書。
コーヒーの知識や自宅でのコーヒーのいれ方が、イラストレーターの平澤まりこさんのほのぼのとした絵とともに、わかりやすく紹介されいます。

そしてこの本の中では、ペーパードリップでいれるコーヒー一杯180mlあたりの豆の量の目安が「14g」として解説されています。


私もこの絵本、以前から愛読させていただいていたのですが、こちらもご縁があり、この本を発刊されたブックレーベルのmille books様から、「14gがぴったり量れるコーヒーメジャーを作ったら?」とのアイディアをいただいたことからです。


そこから、14gコーヒーメジャーの開発が始まりました。


早速、試作品を製作してアアルトコーヒー様へ送りました。

その後は、姉妹店のカフェ"14g"を担当されている庄野様の奥様とのやりとりを中心に、柄の長くしたり、アアルトブレンドでぴったり14g量れるように容量を調整したりの、14gオリジナル"アアルトスプーン"としての仕様を決めていきました。




製図をして、



試作1個目





懸念していたことですが、やはり柄の部分の比重が大きくなり、自立しません。
これでは置いたときの美しさが損なわれてしまいます。

使い易さととともに見た目も重要。




いろいろ考えた末、柄の両サイドを0.7mm程度づつ細くしました。
折れるリスクも増えますが、そこは使い手の方々に委ねるしかありません。




そして安定度を増すため、すくう部分の厚みを28mmへ変更。
通常10g版は25mmですので、かなり厚い材から木取りしなければならず、さらに柄が長いので、歩留まりも悪くなりますが、この意匠を成立させるにはすべて必要なことです。





ルーターでひたすら穴掘り



木地完成。
ブラックチェリーとブラックウォールナット。



オイルフィニッシュ






14gオリジナルコーヒーメジャースプーン「アアルトスプーン」が完成しました。





アアルトブレンドで、ぴったり「14g」



様々なご縁に感謝です。



「アアルトスプーン」、14g様の店舗でお買い上げいただけますが、現在初回納品分は完売してしまいました。
お手に取っていただいた皆様、ありがとうございます。
引き続き製作、納品をさせていただく予定ですので、よろしくお願い致します。





また通常の10gバージョンの商品名を「Wagtail」(ワグテイル)と名付けました。
鳥の「セキレイ」の意味です。


検索してみてください。何となく、似てませんか?

コラボナイフ

椿井木工舎×ヒラバヤシヒデユキカコウジョ コラボナイフが誕生しました。 ハンティングナイフ フォールディングナイフ きっかけは明日11/3(土)、岐阜県各務原市で開催されるイベント マーケット日和 。 以前から気になっていたイベントです...